キャリア

【エンジニア年収1000万円キャリアアップ術】コンサルタントへ転職

「IT業界で働いているけど年収1000万円達成するためには、どういうキャリアをたどればいいの?」という疑問をお持ちの方向けに下記の記事を書きました。

この記事では、年収1000万円を達成するための具体的な5つのルートを紹介しています。

今回はこの中の1つである「コンサルタントへジョブチェンジルート」の詳細を説明します。

「コンサルへジョブチェンジルート」の概要

このルートを一言で表すと、第2新卒~30代前半のエンジニアがIT業界からコンサルティングファームに転職して年収を上げるということになります。

エンジニアが年収を上げる方法として、エンジニアの業務経験を活かしてコンサルタントに転身することは一昔前はメジャーな方法でした。

最近は(一部の)エンジニアの好待遇が目立ち様々なキャリアップの方法がありますが、コンサルティングファームへの転職は今でも有用な方法の一つです。

コンサルタントの給与水準


というのも、コンサルティングファームとIT業界とでは給与水準が全然違います

コンサルティングファームのランクによりますが、一般的に一番下の役職のアナリストで年収600万円前後からスタートして、経験3年ぐらいで一つ上の役職コンサルタントになって年収1000万円を超えてきます。

年齢で言えば30歳前後の見習い卒業の中堅所が、1000万円稼ぐことになります。

tara
tara
起業しているわけでも独立しているわけでもなく、正社員という立場で20代で1000万円もらえるなんてすごいですね。

さらに経験を積んでシニアコンサルタントになると、年収は1500万円近くにもなります。

IT業界のコンサルタントとは違う

コンサルタントになるといっても、コンサルティングファームのコンサルタントになるというのが重要です。

IT業界では、営業の仕事をコンサルタントと呼称することもありますが、似て非なるものです。混同しないように注意しましょう。

コンサルタントというのはIT業界では職種の名称ですが、コンサルティングファームでは役職の名称です。年収1000万円を目標とするなら、当然、目指すのは後者です。

コンサルタントという仕事

コンサルタントの種類

コンサルタントは○○コンサルタントなど種類がたくさんありますが、全てのコンサルタントに言えることは、仕事の最終目的はクライアントの収益を上げることです。

そのアプローチの方法がITならITコンサルタント、M&AならM&Aコンサルタント、経営そのものなら経営コンサルタントや戦略コンサルタントなどと呼称しています。

IT業界から戦略コンサルタントになる事例もありますが、一般的にエンジニアの転職ターゲットはITコンサルタントになります。業界知識や技術知識を活かせるというのが主な理由です。

仕事内容が全然違う

当たり前ですが、エンジニアとコンサルタントでは仕事内容が違います。

コンサルタントの仕事はある大きな課題があって、それを解決するために必要なあらゆるものを調査検証して報告というのが基本の仕事です。調査対象は主に(ITコンサルタントの場合は)最近の技術動向や事例などです。それらを調べたら、イシューツリーなどの様々な思考フレームワークを用いて仮説検証していきます。それをドキュメントにまとめて報告するのが一連の流れです。

エンジニアもこういったことをすることはありますが、コンサルタントはとにかくこの繰り返しなので、メールやミーティングの頻度がエンジニアの比ではありません。

また関係各部署の業務要件の調整など、SE的な仕事も多いです。

求められる能力はロジカルシンキングコミュニケーション能力です。この辺りはエンジニアとかぶるので問題ないでしょう。

イシューツリーやロジックツリーなどの思考フレームワークで仮説を立てて検証するという作業が好きでないと務まりません。

有用そうな技術を見つけたとき、とりあえず実装して試してみたいと思う方にはコンサルタントは不向きです。エンジニア向きなので、技術者としてキャリアを積んでいくことを考えましょう。

ハードワーク

コンサルティングはとにかくハードワークです。

とういのも、人(クライアント)より何倍もパフォーマンスを出すために人より何倍も働いて当たり前という考えがコンサルティング業界の根底にあります。

早朝起床、自宅でメールチェック、AM9時前にオフィス出社、深夜帰宅が当たり前の世界です。平日は娯楽の時間所か、睡眠時間も満足にとれません。

エンジニアの繁忙期が、コンサルタントでは日常です。給料のいいブラック企業の様なものです。

コンサルタントには、ロジカルシンキングとコミュニケーション能力が必要と言われいますが、一番必要なのは体力(と自己管理能力)なんですね、実は。

コンサルティングファームに転職するときの注意点

これほどに特殊なコンサル業界なので、転職もまた通常とはちがった特色があります。

ポテンシャル採用だけど難易度は高い

コンサルティングファームは、エンジニアを採用する場合はポテンシャル採用がほとんどです。

特定の業界に詳しいとか特定の技術に詳しいとプラスに働く場合はありますが、ポテンシャルがないと判断されたらどうにもなりません。

必要なのはロジカルシンキングとコミュニケーション能力という、受ける側からしたらそんなの誰にもでもあるでしょと言いたくなるものなのに、それでいて採用されるは狭き門という困った特性があります。

年齢制限


ポテンシャル採用かつコンサルタントには体力が必要と言うこともあって、年齢制限があります。

ずばり、30代前半がリミットです。

コンサルティングファームは転職の多い業界で、30後半や40代の転職も普通にあるのですが、それはコンサル業界内の横移動や、大企業の事業責任者クラスの場合です。それ以外の他業界の一般的なポジションの場合は、可能性があるのは30代前半までです。できれば20代が望ましいです。

私は32歳の時に、一時期コンサルティングファームへの転職を検討したことがありまして、その時にコンサルティングファームに特化した転職エージェントを使いました。その時に、エージェントからこのようにキッパリといわれました。

agent
agent
君の場合、年齢的にギリギリやね。
今回がラストチャンスやで♪
tara
tara
マジっすか・・・

長い選考期間

コンサルティングファームへの転職活動は、通常の転職活動より長い期間を必要とします。

まず、選考期間そのものが長いです。面接も3~4回ぐらいと数が多いです。スムーズに行っても1ヶ月、長引けば2ヶ月かかります。

さらに選考に入る前に、書類準備やケース面接対策も必要なので、その分を入れるとトータルで3ヶ月以上は必要になります。

コンサルティングファームの転職対策


必要なのはロジカルシンキングとコミュニケーション能力でポテンシャル採用というなら、そんなの対策のしようがないと考えたくなりますが、それは違います。

コンサルティングファームは特殊な業界ゆえ、選考方法もまた特殊です。なので、それに特化した対策をしていく必要があります。

コンサルティングファームに特化したエージェントを使う

まずはコンサルティングファームに特化したエージェントを使う必要があります。

一般的な転職エージェントでも、コンサルティングファームの求人情報はあるのですが、それはおすすめしません。

コンサルティングファームに特化したエージェントの方が、書類対策や面接対策のノウハウがあります。このファームの面接ではこういったことを聞かれるなどといった有益な情報が手に入ります。

またエージェントのファームとの結びつきが強いので、書類選考の通過率も普通の転職エージェントよりよくなります。

コンサルティングファーム特化エージェントを登録して、そこにはない案件が一般的な転職エージェントにあったら、そこから応募するという使い方をおすすめします。

ファーム出身者が経営する無名の小規模エージェント

コンサルティングファーム特化エージェントは、コンサルティングファーム出身者が小規模でやっていることが多く表には出てきずらいです。しかし、そのエージェントを使うことができたら、そのエージェントの出身ファームには書類が通りやすいという利点があります。

小規模のコンサルティングファーム特化エージェントは普通に探しても見つけることは難しいのですが、ビズリーチから見つけることができます。


ビズリーチに登録してレジュメをUPして、コンサルティングファームに転職したいと記載しておけば、コンサルティングファーム特化エージェントからスカウトがあります。そこからコンタクトを取るのがいいと思います。

ビズリーチにもコンサルティングファームの求人があり直接応募できるのですが、コンサルティングファームに関しては特化エージェントを通した方が良いでしょう。

ムービン


コンサルティングファームの転職と言えばムービンです。圧倒的な実績と求人情報があります。

上記のファーム出身者の小規模エージェントにはない求人情報も見つかるでしょう。求人情報を漏らさないためにも登録しておくべきです。

JACリクルートメント


JACリクルートメントは、リクルートと双璧をなす大手転職エージェントです。外資系を中心に、ハイキャリア案件に関して業界トップといっていいでしょう。

ハイキャリアに力を入れているので、各業界や分野に特化したエージェントが多数在籍しております。

コンサルティングファームに特化したエージェントではありませんが、コンサルティング業界専門部署もあり求人情報も期待できますし、面接に関して有益な情報も得られます。

リクルートエージェント


リクルートエージェントは最大手の転職エージェントです。

求人情報の量は圧倒的です。それゆえコンサルティングファーム特化ではありませんがコンサルティング業界の求人情報もあります。

専門小規模エージェン -> ムービン/JACリクルートメント にない求人も、リクルートで拾える可能性があります。

対策は転職エージェント頼りにするのはNG

コンサルティングファーム特化エージェントに登録したからといって、対策を丸投げしていいわけではありません。

エージェントがやってくれるのは、書類の添削や面接のワンポイントを教えてくれるぐらいです。

書類作成、筆記対策、ケース面接対策そのものは自分で取り組む必要があります。面接の前日に少し対策するという程度では全然足りません。

コンサルタントに転職する決意したならば、何週間も前から準備しておく必要があります。

まずはムービンのサイトを一通り目を通して、どのような対策が必要が認識します。それが終わったら、まずはロジカルシンキングについて勉強します。

ロジカルシンキングを勉強した後は、イシューツリー、SWOT分析、3C分析などといったコンサルタントが使うフレームワークを一通り勉強しましょう。

それが終わったら、フェルミ推定ケース問題の書籍を購入して、一通り勉強する必要があります。特にケース問題は、実際にホワイトボード(なければノート)に書きながら説明できるように練習しておきましょう。

英語対策

転職時点では、英語の必要性はファームによります。

外資系のファームだと英語ができないとなると合格の可能性は下がることが多いです。一部のファームでは英語面接の場合もあります。

内資は英語は必須ではありません。が、英語ができたら評価されることが多いです。特にITコンサルタントは技術情報や海外の事例を調査することが多いので、英語を使う機会は多いです。

いずれにせよコンサルティング業界では、役職が上がるにつれ英語の必要性は増していきます。逆に言うと英語ができないと出世できません。

転職時点では英語が強みである必要はありませんが、転職時点で英語学習中のステータスで日常会話レベル以上、できればビジネスレベルであることが望ましいと言えます。

まとめ

以上、エンジニアが年収1000万円になるための方法の一つとして、コンサルタントに転職する方法を紹介しました。

まとめ

コンサルティング業界では経験3年目ぐらいから1000万円超える
コンサルティング業界への転職は、特化エージェントを使う
転職の対策は本気でやる必要がある

コンサルタントの仕事は、エンジニアとはまた違った面白みがあります。フレームワークを使って考えることが好きな場合は、キャリアチェンジを目指してみるのもいいと思います。

ABOUT ME
tara
tara
年収360万円でIT業界のキャリアスタート
SES -> Web業界 -> 大手メーカー -> フリーランス
と経験してきて、現在は年収1000万円を越えました。

エンジニアのキャリアアップに役立つ情報を発信していきます。