業界・仕事内容

【職種紹介】社内SEの仕事内容とキャリアパス

こんにちは。今回は社内SE(システムエンジニア)についてになります。

社内SEは、SIer出身者の転職候補の一つとしてよく上げられます。私自身も新卒で3年間SESで働いた後、次の会社で社内SEに近い立場で仕事をしていました。その時に得られた知見から、社内SEの特徴や一般的なシステムエンジニアとの違いについてご説明します。

この記事が役に立つ人

転職の候補として社内SEを考えている人
社内SEの仕事内容に興味がある人

社内SEってどんな仕事


社内SEの仕事は、ざっくりいうと社員が利用しているシステムリソースを管理したり運用したりすることです。もっとざっくりいうなら、社内SEは社員が業務で利用するパソコンやサーバの面倒を見る人です。

社内SEの業務は幅広いです。

簡単なシステムなら社内SEが構築することもありますし、業務のコアになるような基幹システムは外注しますので、ベンダーコントロールやベンダーとユーザ(業務をする社員)の間に入っての要件定義などもします。また、社員の増減に伴うアカウント管理やパソコン故障の対応などといったいわゆるヘルプデスクも担当します。

また拠点が複数ある大きめの会社では、拠点立ち上げや移転の際のインフラ整備などもしますので、出張もそれなりにあります。

仕事ははっきり言って楽

社内SEの仕事は、はっきり言ってです。会社にもよりますが、エンジニアにありがちな膨大な業務量とはほぼ無縁で、定時帰りが基本です。納期前の徹夜なども基本ありません。

というのもエンジニアアリングの業務は、発注側になるので納期に追われるということはありません。またシステム構築側の仕事があっても、ユーザは同じ会社の社員なので、無理なスケジュールというのはなく、何かトラブルが生じたら容易にスケジュール変更ができます。

業務で使う技術は、実績のある安定した技術ばかりなので最新技術の勉強などはしなくても大丈夫です。またベンダーがセミナーを提供してくれますので、必要な技術はそこから吸収できます。

具体的な仕事内容

社内SEの仕事は大別すると下記の3つになります。

  • システム構築
  • ベンダーコントロール
  • ヘルプデスク

システム構築

システム構築は、インフラよりの仕事がメインです。拠点追加に伴うネットワーク整備や、サーバを立ててグループウェアを導入したりなどが主な業務です。保守切れのサーバリプレースなどもあります。最近では既存のシステム環境をオンプレミス(自社管理の物理サーバー、ネットワーク)からクラウド移行したりなどもあります。

インフラ管理やちょっとしたツールの作成でプログラミングが必要となることもあります。しかし、マイクロサービスでの大規模なWebサービス構築や、アルゴリズムを使ったソフトウェア制作などはありませんので、コードをバリバリ書く仕事はありません。

ベンダーコントロール

ベンダーコントロールは、発注側としてユーザ要件をまとめてベンダーに構築依頼をし、スケジュール調整したり必要な情報やアカウントを用意したりする業務です。いわゆるSIerのSE(システムエンジニア)と同じ様なことをします。ミーティングとメールやドキュメントを書くのが主な仕事になりますが、業務知識とエンジニアニング知識、両方の幅広い知見が必要になります。

ヘルプデスク

ヘルプデスクは、日常的に発生するユーザサポートです。新入社員のアカウントとパソコンの準備、退職者の削除処理、ユーザのパソコントラブルの対応などが主な仕事です。

社内SEに求められるスキル


社内SEは、専門的な知識は必要ありませんが、代わりに幅広い知識が求められます。

また今はクラウドとオンプレミスの混合環境が当たり前になってきていますが、必要とされる知識は昔から変わりありません。言い変えれば、クラウドだろうがオンプレミスだろうが、対応できる基本となるシステム知識が必要です。

システム構築面で必要な知識は下記になります。

  • インフラの基礎知識
  • ネットワークの基礎知識
  • セキュリティの基礎知識
  • システム管理の基礎知識

インフラの構築と運用に必要な知識

社員たちの日々の業務をこなすためには、数十~数百のサーバが正常運転している必要があります。社内SEの第一の使命は、これらのサーバを管理することです。そのためにサーバの運用知識が必要になります。具体的にいうとWebサーバ、DBサーバなど基本的なサーバが構築できかつトラブル発生時の対応としてOSやミドルウェアの設定チューニングができないといけません。

またクラウドがメインになってきて必要性は薄れてきていますが、監視やシステムリソースのサイジングなどもできたほうがいいでしょう。

オンプレミスでもクラウドでも必要な知識に変わりはありませんが、クラウドのマネージドサービスを使う場合はそのサービス特有の知識も必要になってきます。まあこの辺は使っている内にわかることなので、最初から知っておく必要はありません。

ネットワーク知識

複数拠点、クライアントPC数百台程度からなるネットワークの設計ができ、かつconfigを設定して実際に構築できる必要があります。

よほどの大きな会社でない限り、社内ネットワークは外注でなく社内SEの仕事になります。数百人規模だと、ラックマウントや配線は外注することはありますが、機器選定や設計、構築までは外注しないことがほとんどです。

ルーター、L3/L2スイッチからなる基本レイヤーのネットワーク知識はもちろん、WANやVPN、WiFi、IP電話の知識も必要となってきます。

セキュリティ知識

セキュリティの専門知識は、ほとんど必要ありません。ファイアウォールの設定と、セキュリティソフトをサーバーやクライアントPCに入れて管理するぐらいです。一般的なサーバー知識とネットワーク知識があればこなせます。

ユーザーのシステム管理に必要な知識

ルーティンワークとしてヘルプデスクがあります。規模の大きい会社ならヘルプデスク専門チームもありますが、大抵の社内SEはシステム運用と兼務することになります。

ヘルプデスクの仕事は社内の増減に伴うアカウント管理とPCトラブル対応です。これらの業務をこなすために、一般的なパソコン知識の他、Microsoftのライセンス管理アクティブディレクトリの知識が必要になってきます。またハード周りのトラブル対応をこなせるためにも、パソコン自作できる程度の知識は必要です。

あと大事なのコミュニケーション能力になります。さすがに「何もしていないのにパソコンが動かなくなったよ!」と言ってくる人は(めったに)いませんが、こちらとはIT知識に乖離がありますし、状況説明ができない人もいますので、柔軟な対応ができなければいけません。

社内SEの給与水準


社内SE給与は、400~500万円と言われています。弱小SIerより少し高く、大手SIerやWebエンジニアよりは少し低い感じです。

社内SEは、エンジニアというよりはその会社の一般社員と同じ給与テーブルに入るケースもあります。給与はその所属会社に寄るところが大きく、大手メーカーや外資の社内SEだと年収800万以上ということもあります。

社内SEのキャリアップ

社内SEのキャリアは、経験を重ねるにつれ

メンバー -> チームリーダー -> マネージャー

といったキャリアパスを辿るのが一般的です。

上に行くほど、技術領域から離れ管理業務が増えます。マネージャーの先は、経営幹部とかになります。

だいたいチームリーダーあたりで、このまま管理者、事業方面へのキャリアを進むのか、エンジニアとして技術領域に進むのかの選択を考えることになります。

キャリアアップルート 事業方面へ

社内SEのマネージャーのキャリアを経て、IT運用の専門家になるキャリアパスになります。転職の際のポジションはIT戦略やITマネージャー、コンサルタントなどになってきます。

会社に所属し続ける場合は、部長ポジションにまでいって経営幹部になるのが一番の成功パターンと言えます。

キャリアアップルート エンジニアへ転職

管理職に興味がなく、技術が好きでエンジニアでいたいという場合は、転職が必須といえます。社内SEでは技術領域での身につけられる知識や経験は限界があります。

社内SEはインフラ経験がメインになってきますので、SREなどが転職候補といえます。ただ、現在はインフラと開発の垣根がなくなってきていますので、社内SEでも主に開発担当やインフラをコード管理した経験があれば、サーバーサイドの開発への転職も可能です。

まとめ

以上、社内SEの紹介でした。

社内SEは、技術経験と事業経験、ともに広く浅く経験できる仕事といえます。またワークライフバランスも取りやすいポジションです。技術好きの人でも、ちょっと変わり種の仕事したいと思ったら、転職候補と一つと言えます。

ABOUT ME
tara
tara
年収360万円でIT業界のキャリアスタート
SES -> Web業界 -> 大手メーカー -> フリーランス
と経験してきて、現在は年収1000万円を越えました。

エンジニアのキャリアアップに役立つ情報を発信していきます。