業界・仕事内容

ブロックチェーンエンジニアになりたい人必見! 必要な経験と仕事内容

2017年、2018年ごろから新技術としてブロックチェーンが注目されるようになりました。今やブロックチェーンエンジニアはAIエンジニアと並ぶ高収入エンジニアとされています。

では、どうすればブロックチェーンエンジニアになれるのでしょうか?

技術好きのエンジニアからしたら、ブロックチェーンは最新技術で面白そうだし更に給料がいいとなると非常に興味がある職種ですよね。今回はブロックチェーンエンジニアの仕事内容と、どうすればなれるのかについて説明します。

この記事が役に立つ人

ブロックチェーンエンジニアになりたいと考えている人
ブロックチェーンエンジニアの仕事内容を知りたい人
ブロックチェーンエンジニアになるのに必要な経験を知りたい人

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンエンジニアになる方法の前に、まずはブロックチェーンそのものについて、技術的に注目されている点と業界動向について簡単に説明します。

技術的に注目されている点


ブロックチェーンは、言葉だけなら誰もが聞いたことはあるというぐらい一般的なものになりました。でも何がすごいのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

ブロックチェーンがこれまでの技術と一線を画しているのは、データ改ざんが不可能な技術という点にあります。分散台帳といって、不特定多数のコンピュータリソースを使用して処理を行うので、データを改ざんするのが不可能となっています。

このため、金融をはじめとしていろいろな分野に応用できないかと言われいます。今の所、仮想通貨に注目があつまっていますが、他にも金融関連のやりとり情報銀行サプライチェーンなどに使われ始めています。

わかりやすいところだと、募金サービスやゲーム、カジノなどの例もあります。

募金しても本当に必要とする人のところに届くのか、中間搾取が入って使途不明となるのではないのかと疑っていしまいますよね。ゲームやカジノも慈善事業ではないので収益やユーザ囲い込みのため、公表通りではない確率操作を内部でされていると思いますよね。

ブロックチェーンには、こういった不安を払拭して健全なサービスを構築できる可能性を含んでいます。

拡大していく業界規模

マーケットリサーチ企業のメティキュラス・リサーチ(Meticulous Research)社によると、ブロックチェーンの市場規模は、2025年までに280億ドル(約3兆2,000億円)に達すると予測されています。

2018年時点での市場規模は、3億8,550万ドル(約440億円)とされており、70倍以上に急成長されていくとされています。

現在は仮想通貨だけ注目されていますが、これはブロックチェーン市場の一部でしかなく、今後はサプライチェーンなどの他の業界でも使われ始め、市場規模は加速的に増大していくと言われています。

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

ブロックチェーンエンジニアの仕事は、下記のの2種に大別されます。

  • ブロックチェーンそのものを作る開発するエンジニア
  • ブロックチェーンを利用してサービスやアプリを開発する仕事にエンジニア

年収が高いのは前者で、ブロックチェーンそのものの専門知識が必要になります。後者は、ブロックチェーンのユーザになるので、専門知識は必要ありません。書籍を数冊読んでブロックチェーンの一般知識をつけたら、後は通常のエンジニアの経験(バックエンドやフロントエンド、インフラなど)があれば開発できるようになります。後者の方は、給料レンジ/年収も一般的なwebエンジニアと大差ありません。

この辺はAIエンジニアと同じ構造ですね。AIの研究者、ライブラリに理論を実装するのは専門家の領域です。東大卒の天才たちがやっています。その人たちが作った、ライブラリを使ってモデルを作るのはそれほど難しくはありません。

ブロックチェーンにも同じことがいえます。ブロックチェーンの研究者やプラットフォームを開発するのは専門家にしかできず、年収も1000万円じゃ足りません。

このポジションに求められるのは、独自のプラットフォームの開発です。ビットコインやイーサリアムと同じようなの物を、自社サービスに特化したように作るというのが仕事です。海外の論文発表しかされていない最先端の技術を学んで実装していきます。こんなこと言われても、Webサービスを作ったことがある程度のエンジニアにはできそうにないですよね。

しかし、ブロックチェーンのライブラリを使ってアプリ(DApps)やサービスを開発するのは、専門家じゃなくてもできます。このポジションのやることは、ライブラリの仕様通りに実装していくだけですし、メジャーなライブラリならそのうち、Qiitaなどにわかりやすくて初心者向けのハンズオンの記事も出てくることでしょう。これなら、数年のエンジニア経験があるなら何とかなりそうですよね。

この前者と後者、求められる知識や経験はだいぶ差がありますが、どちらもまとめてブロックチェーンエンジニアと呼称されています。

ブロックチェーンエンジニアの需要


ブロックチェーンエンジニアの需要は今後ますます伸びていくとされています。

現時点で、ブロックチェーンを開発するエンジニア、ライブラリを使ってサービスやアプリを開発するエンジニア共に足りていません。にもかかわらず、今後ブロックチェーンの市場規模は増大してくので、エンジニアの需要は増すばかりです。

ブロックチェーンエンジニアに必要な経験

ブロックチェーンを使ってアプリ、サービスを開発するエンジニアになるには、2019年現在だとブロックチェーンに関する経験は求められないことがほとんどです。もちろんあった方が望ましいのですが、新技術なので今のところ経験者はほとんどいません。なので、ブロックチェーン未経験だけど興味ある、自己学習したことがある程度で大丈夫です。

必須なのはWebサービスの開発経験です。ブロックチェーンのライブラリは、JavaScriptに多いので、JavaScriptやTypeScriptの経験を求められる求人が多い印象です。なのでフロントエンドよりの経験があるほうが良いと言えます。とはいえ、バックエンドの経験が求められることも多いので、フルスタック気味にいろいろできますという人の方がチャンスはあります。

経験がインフラだけだと厳しいです。業務経験はインフラエンジニアよりでプログラミングもできますと言っても相手にされないことが多いです。書類選考で落とされることも多いです。

tara
tara
これは私自身が経験したことです(涙)

ブロックチェーンエンジニアになる方法

基本はwebエンジニアを経験してからの転職

現状では、エンジニア未経験者がブロックチェーンエンジニアになるのは困難です。いずれは大手企業でもブロックチェーンの事業が成熟して新卒の受け入れ体制はできるかもしれませんが、今はブロックチェーンの事業はどこも導入期、成長期なので即戦力ばかり求められています。

なので、Webエンジニアを経験してから、ブロックチェーン業界に転職するのが王道ルートです。

ブロックチェーンの求人情報はどこにあるのか

withB というブロックチェーン業界に特化した転職エージェントがあります。ブロックチェーンの求人はここに集まっている印象があります。

しかしブロックチェーン業界に特化しているとはいえ、募集ポジションはただのバックエンドエンジニアだったりインフラエンジニアだったりするケースも多々あります。ブロックチェーンの部分は他社のAPI使うだけだったり、既にサービスが稼働している運用業務だったりで、それもうブロックチェーン業界じゃなくてもやること一緒だよねみたいな求人が大半です。

tara
tara
ブロックチェーン業界に特化した転職サービス withB といえど、ブロックチェーンに関われるポジションはそう多くないんですね。。。

後は、Wantedlyにブロックチェーンの会社が散見しているので、そこからアクセスしてみるのもいいと思います。エンジニア経験があって、プロフィールにブロックチェーンに興味がありますと書いておけば、スカウトメールも来ます。

ブロックチェーンに特化した転職イベント

withBは年に数回、定期的に転職イベントを開催しており、withBに未登録の人でも無料で参加できます。

私も一度参加したことがあります。参加者はエンジニア限定ではなく出展企業もエンジニアではなく法務や金融業界の人を求めていることもあるのですが、エンジニア募集も結構ありました。

私が参加したときは出展企業が20分程度で事業概要と募集内容をプレゼンしていき、入退出は自由でその横の部屋に出店企業のブースがある形式でした。

ブースは混み合ってて企業と落ち着いて話ができる雰囲気ではなかったです。私は人見知りする方ですし、盛り上がっているところに入っていける度胸もないので、ブースでは何の話もせず壁に貼ってある求人情報をチラッと見て退出しました(汗)

出展企業は半分以上が仮想通貨の会社でした。私は仮想通貨以外でブロックチェーンを使っている事業に興味があったので、ちょっと残念だった記憶があります(^-^*)

ブロックチェーンに特化したコワーキングスペース

HashHubNeutrino Tokyo といった、ブロックチェーンに特化したコワーキングスペースというのもあります。

私は行ったことがないので詳細はわからないのですが、イベントをやっていることが多いので、こういう所にもチャンスがあるかもしれないですね。敷居は高そうですが・・・

ブロックチェーンの勉強方法

ブロックチェーンは、書籍で独学するのが基本です。概念的なものは、分散技術や暗号化技術がもととなっているためエンジニアなら理解はできると思います。

書籍で勉強した後は、Solidity などで賽銭アプリなどのサンプルを作ってみるのが王道です。

こういったことを独学でやるには不安がある、わからないところは誰かに質問してテンポ良く学習していきたいという場合は、オンラインのプログラミングスクールを使うという手段もあります。

私はブロックチェーンの書籍を読みあさってブロックチェーン技術に没頭したいというよりは、とりあえずブロックチェーンを知っておきたい、効率よく勉強したいという目的があったので、TechAcademyブロックチェーンコーススマートコントラクトコースを受講して勉強しました。

やった内容は、まさにブロックチェーンの理論の勉強と、Solidityを使っていくつかサンプルアプリを作ってみるということでした。

効率よく勉強するという点で目的は果たせたと思います。ブロックチェーンっを使ったアプリ開発がどんなものなのか体感できましたし、自分に興味が持てそうかどうかもわかりました。

正直、理論の部分の勉強はかったるいので、独学だと実装に行く前に挫折していたと思います。お金払っているというのと、課題を提出しなといけないという状況に追い込まれていたせいで、眠くなるブロックチェーン理論の理解というパートを乗り越えられました。

まとめ

ブロックチェーンエンジニアになるには、どうすればいいかという話でした。

まとめ
  • ブロックチェーンは市場拡大中、エンジニアの需要も拡大中
  • ブロックチェーンエンジニアになるには、Webエンジニアを経験してからの転職が王道
  • 求人情報は、ブロックチェーン専門エージェントのwithBやwantedlyにある
  • プログラミングオンラインスクールでブロックチェーンは効率よく学べる

ブロックチェーンは可能性に満ちあふれた技術です。思い切ってブロックチェーンの世界に飛び込むと、また新しい世界が広がってくることでしょう。充実したエンジニアライフが送れそうですね!

ABOUT ME
tara
tara
年収360万円でIT業界のキャリアスタート
SES -> Web業界 -> 大手メーカー -> フリーランス
と経験してきて、現在は年収1000万円を越えました。

エンジニアのキャリアアップに役立つ情報を発信していきます。